看護師転職の面接対策!印象を良くする自己prの作り方

看護師転職の面接でも、普通の一般企業の面接と同じように、自己prや志望動機がすごく重要になります。

そこで良い印象を残していかないと、面接を突破していくのはなかなか難しくなっていくでしょう。そこでここでは、看護師転職の面接を突破するための、印象を良くする自己prの作り方を紹介していきます。

 

1.経験を元にアピールポイントを述べる

 

まず大切なことは、自分のアピールできるスキルや能力を、前の病院での経験を元に説明するということです。そうすることにより、まずこの人はどういう魅力がある人物なのかということがガツンと相手の頭に入っていきます。

 

ですから、自己prではまず、自分のアピールポイントと、それを裏付ける経験を述べる必要があります。アピールポイントだけのべても、本当にその魅力を自分が持っているという裏付けはありません。

 

逆に経験だけのべても、結局どういうところがアピールポイントなのか分かりづらいところがあります。ですから、このアピールポイントとその裏付けの経験のエピソードというのは、二つでセットなのです。どちらも欠かすことが出来ないので、しっかりと両方とも用意して下さい。

 

2.アピールポイントは病院が求める点にする

 

アピールポイントを述べる際に大切なことが一つあります。それが、病院が求めるアピールポイントを用意するということです。病院が求める点をアピールしていかないと、的外れなアピールになってしまうことは明白です。

 

例えば、繊細な作業が必要な仕事が多い職場に入りたい人が、小さいことは気にしない豪快な性格をアピールしたとして、相手がそれを魅力的に思うはずもありませんよね。

 

ですから、自分をアピールするということにおいて、相手が求めることをアピールするというのは絶対に必要な事なのです。ですから、きちんとその病院がどういう看護師を求めているのかを事前に調べておきましょう。それなしに相手に好印象を与えるような自己prをつくることはできません。

 

3.自分のアピールポイントの活かし方を具体的に述べる

 

相手の求めるアピールポイントを自分が持っていることを説明したら、後は、自分がどうやってそのアピールポイントを仕事に活かそうと思っているかを説明するだけです。

 

そうして、自分がどうやってそのアピールポイントを活かそうとしているかを説明することで、仕事への熱意の高さをアピールすることができます。

 

さらに相手に、自分を戦力だと思ってもらえる可能性も高くなります。具体的な働くイメージが相手にもわきやすくなりますから、即戦力と思ってもらえる可能性が高くなるのです。すると、魅力的に感じてもらえる可能性も高くなりますよね。

 

 

見た相手がどう思うかを意識しよう

 

以上、看護師転職の面接の自己prで印象を良くするための自己prの作り方のご紹介でした。紹介してきたポイントをもう一度まとめると、

 

・まず経験からアピールポイントを書きだす
・そこには必ず裏付けのエピソードをつける
・アピールポイントは相手が求めるものにする
・そのために病院がどんな人を求めているか下調べをする
・最後にアピールポイントを仕事にどう活かすか述べる

 

ということになります。相手がどう思うかをきちんと考えていけば、自然とこれらのポイントはおさえることが出来るはずです。しっかりそれを意識して、これらのポイントをおさえていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です