看護師転職の面接で聞かれる看護観の質問への答え方

看護師の転職の面接では、「あなたの看護について教えて下さい」というような、看護観に関する質問がよく聞かれます。これは看護師の転職の面接ならではの質問ですね。それでいて、すごく重要度の高い質問なので、ここでしっかり印象の良い答えをのこさないとならないでしょう。

 

そこでここでは、この質問に対して印象の良い答えをするために、看護師転職の面接で聞かれる看護観の質問への答え方を紹介していきます。

 

1.病院側の看護観に寄せて答える

 

まず覚えておいてもらいたいことは、この看護観というのは、何を答えても良いというわけではないということです。正確には、実際には本当の自分を看護観を答えるのでも問題はないのですが、良い印象を残したいのであれば、自分の看護観をそのまま答えるのは良くないということです。

 

自分の看護観がどれだけ理路整然としていても、それが病院の看護観と相反するものであれば、あまり良い印象にはならないですよね。

 

そういうことなのです。ですから、何を答えても良いというわけでなく、なるべく自分の考えを病院側に摺り寄せて答えるのが正解になります。事前に下調べして、上手く寄せていきましょう。

 

2.なぜそういう看護観を持つようになったのかも答える

 

こうして自分の看護観を聞いてくる質問では、シンプルに看護観が病院とあっているかということを聞こうという意図の他に、何故そういう看護観を持つようになったのかという背景を知りたいという意図があります。

 

ですから、看護師転職の面接で看護観を問われたら、何故そういう看護観を持つようになったのかというエピソードを、なるべく具体体に語るようにしていきましょう。

 

ここでしっかり具体的なエピソードを用意できないと、看護観に関しても信憑性が無くなってしまいます。しっかりと看護観や人間性をアピールするためにも、看護観の信憑性を持たせるためにも、看護観を持つきっかけのエピソードをしっかり用意していきましょう。

 

3.なるべく分かりやすい言葉で話す

 

こういう看護観等の説明では、ついつい難しい言葉を使ってしまいたくなる方もいるでしょう。ですが、あえて難しい言葉や専門的な言葉を使って看護観を説明すると、答えを用意してきた感がすごく強くなってしまいます。

 

相手にとって面接は、こちらが用意してきた答えの発表会の場ではなく、あくまでも会話の場所です。ですから、そうして答えを覚えてきた感がでてしまうというのは、何よりも良くありません。

 

そうならないようにするためには、答えを用意する段階から、なるべく分かりやすい言葉を使うのが一番。家族や、看護関係以外の友達に説明しても一回できちんと理解してもらえるような言葉遣いで考えると印象の良い答えが出来るでしょう。

 

質問の意図を理解して適切な答えをしよう

 

以上、看護師転職の面接で聞かれる看護観の質問への答え方のご紹介でした。最後にもう一度ポイントをまとめると、

 

・自分が答えたい答えでなく、相手が求める答えに近いものを用意する
・看護観のきっかけとなる具体的なエピソードを用意する
・誰にでも理解できるような分かりやすい言葉で説明する

 

というのがポイントになります。質問の意図を理解して、適切な答えをしていきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です