看護師転職で後悔しないための病院の選び方

看護師転職では、転職したことを後悔する結果になることもまずまずあります。というのも、看護師というのは一般企業に比べてはるかに人間関係が面倒な職種ですよね。

 

ですから、その点で失敗してしまい、これなら転職しない方が良かったと思ってしまう方が多いのです。でも、どうせ転職するならそんな後悔したくないですよね。そこでここでは、看護師転職で後悔しないための病院の選び方を紹介します。

 

1.男性看護師のいる職場を選ぶ

 

人間関係の問題が起こる一番の理由は、職場にいる人物が全員同性だからです。もちろんそれ以外にもいろいろと理由はあるのですが、もし全員が同性でなければ、そこまで面倒なモノにはならないでしょう。

 

それが分かれば、転職で失敗しないための病院選びのやり方もわかってくるのではないでしょうか。単純な話で、男性の看護師が1人でもいる職場に転職するようにすればよいのです。

 

病院に足を運んだり、見学をお願いしたりして、病院の中を見ることができれば、男性看護師がいるかどうかはわかりますよね。そうして職場内の環境をチェックするようにしていきましょう。

 

2.患者さんへの対応の良さを確認する

 

患者さんへの対応が良い看護師が多い職場は、基本的に看護師同士の雰囲気も良いです。ですから、患者さんへの対応の良さを確認するというのも、転職先の病院選びで失敗しないための方法の一つです。

 

こちらも病院見学や、実際に病院に何らかの用事で足を運んだりすれば上手くチェックできるでしょう。患者さんへの対応が良いということは、それだけ仕事に対して真面目であるということの現れです。

 

きちんと仕事をしている人達は、わざわざ仕事の足をひっぱるようなことはしません。ですから、職場内の人間関係を悪くしようと思わないでしょう。

 

そういう人がたくさんいる病院であれば、安心して飛び込むことができますよね。ですから、患者さんへの対応をチェックするということはすごく効果的なことなのです。

 

3.看護師同士の会話の明るさをチェックする

 

シンプルに看護師同士の会話の明るさをチェックするというのもポイントの一つです。話し声が明るかったり、自然な笑い声があったりしたら、それは雰囲気が良いことの表れです。

 

それに、だいたいそういう笑い声を聞けば、この環境は自分に合っているか、それともそうでないかというのは分かりますよね。明るすぎたら嫌だと思う方もいるでしょうから、一概に明るければ良いとは言えないでしょう。

 

それは、実際に耳にしてみないとわからないものです。実際に足を運んで、自分の耳で、自分の身体で、そこが自分にあっているか、そうでないかを判断しましょう。

 

足で情報を得ることが重要

 

以上、看護師転職で後悔しないための病院の選び方のご紹介でした。再度ポイントをまとめると、看護師転職で失敗しないためには、

 

・同性だけで構成されている職場を選ばない
・患者さんへの対応が悪い看護師がいる職場を選ばない
・笑い声の雰囲気が自分にあった明るさでないところを選ばない

 

ということが大切になります。それらを判断するために、足で情報を得るというのが何より重要なことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です