看護師転職で年収を上げる3つの方法

年収アップのために転職を目指す人もいますが、看護師の場合は病院の規模だけでなく急患の受け入れ体制も重要になってきます。先端医療を学ぶだけでなく、ICUで経験を積むことや、管理者としての能力を磨くことも重要になってくるのです。

 

1.病院の規模によって決まる面も

 

年収は病院の規模によっても大きく異なってきます。これは小規模な診療所などでは役職自体が無いケースがあり、人員の数や予算も限られる場合が多いからです。大型病院であればリーダーを目指す等目的も明確にしやすくなります。管理職へのステップを目指すためにも重要になってきます。

 

大型の病院であれば先端医療に触れられる機会も作りやすいため、スペシャリストとしての経験を重視する方法もあります。自分自身への付加価値をつけていけるかも重要な部分で、年収が頭打ちになったらより待遇の良い病院を探して転職を検討するのも方法なのです。

 

2.ICUは収入も上がりやすい

 

ICUは勤務が不規則になることが多いものの、様々な症例の患者に接する機会が増えるためキャリアには大きなプラスになります。他の病院への転職の際にもアピールしやすいだけでなく、待遇も一般的な看護師よりも良くなることが通常です。ICUは意識のない患者が運ばれてくることも多いため、様々な知識やとっさの判断力が必要となり、最新の医療機器にも触れやすいのも長所となっています。

 

その分、体力や精神面での負担が大きいため、しっかりとした自己管理も重要で、積極的に有給を消化してリフレッシュをするだけでなく、新しい医療機器の勉強も続けることも大切になってきます。苦労が多い分収入面にも反映されやすく、やりがいの多い仕事といえます。

 

3.治験関係に転職すると言う選択肢も

 

看護師の中でも治験関係の仕事はかなりの高収入に結びつくことが知られています。治験は薬の開発に欠かせないだけでなく、治験を受ける人材の管理も欠かせないからです。治験コーディネーターの責任者クラスになるとかなりの高収入が期待できますが、その分受け入れ人数が少なくハードルも高くなってきます。看護師としての知識だけでなく、人材管理の能力や様々な交渉能力、法的な知識も求められます。

 

外資系も含めて広い視野で仕事を探した場合は看護師としての年収はトップクラスになることもあるため、とにかく年収アップを目指したい人にはおすすめの職種といえます。どこで働くかがカギとなる看護師の年収を高くするための転職のポイントをまとめました。

 

●病院の規模で決まることが多い
●ICUなど高度な能力が必要な場所は年収が上がる
●治験関係は高収入に繋がりやすい

 

一般企業と同じように、病院でも規模によって待遇が変わってきます。年収アップを目指すのなら役職を用意している病院を目指すのがポイントで、ICUなど専門性が高い所を選ぶのも方法です。治験関係は高収入に繋がりやすくなっていますが、受け入れ人数がそれほど遠くないことに注意が必要です。その分、コーディネーターでも管理者クラスになるとかなりの年収に期待できるのです。

関連記事:ナース人材バンクの特徴から評判まで徹底解説します! – 転職×plus

看護師の転職を成功させる ポイントとは?

 

看護師の資格を持つ人は少しずつ増えているようですが、医療現場では看護師の求人は多く、未だ看護師は不足している状況です。ですから、看護師の資格さえ持っていれば、一般の人よりも転職に苦労するケースは少なく、転職しやすい環境であるといえるでしょう。しかしだからこそ転職には失敗したくないものです。そこでここでは、看護師の転職を成功させるポイントを説明したいと思います。

 

1.自分がなぜ転職したいのかを考える

 

自分がなぜ転職したいのかを明確にすることが重要です。そして、転職したい理由の一番大きい事項を基準に転職活動をしましょう。「二兎を追うものは一兎も得ず」という言葉があります。給料もアップさせて、労働環境も改善したいし、人間関係も上手くやりたいと思うのは当然です。もちろん全ての労働条件を改善できるような転職がベストですが、なかなかそうは上手くいかないのが現実です。

 

そこで、自分が一番妥協できない条件を決めてそれを基準に転職活動をすべきであると言えます。転職したい理由は人それぞれです。

 

●給料をアップさせたい
●今の仕事が忙しすぎるのでゆったりとした労働環境で働きたい
●もっとやりがいのある仕事をしたい
●今の職場の人間関係に悩んでいる

 

転職したい理由には上記のような理由が多いのではないでしょうか?このような転職したい理由の中で一つを選びそれを基準に転職活動をしましょう。

 

2.給料をアップさせる転職の秘訣

 

当然ですが、働く上で給料というのは最も重要な労働条件の一つです。さらに看護師という国家資格を持っている人であれば転職で給料をアップさせるチャンスは多くあります。
給料をアップさせる方法として、転職するのが一番簡単な方法なのではないでしょうか。

 

 

〇儲かっている病院に転職する。

例えば、看護師の平均的な給料月額は26万円くらいでしょうか。平均26万円ということは40万円貰っている看護師もいれば20万円くらいでやっている看護師もいるということです。まあ、経験や資格の差もあるでしょうが、儲かっている病院は経験が浅い看護師でも給料が高いですし、儲かってない病院は経験や資格があっても給料は安いのが現状です。
このあたりは普通の企業と同じですね。

 

〇福利厚生、ボーナスの額を必ずチェックする。

これも一般の会社と同じで月給は安くても、ボーナスや福利厚生(住宅手当て、家族手当等)が良ければ年収は上がります。月額ではなく年収で決めましょう。

 

〇転職サイトを利用する。

人手不足な看護師業界。インターネットで様々な看護師専門の転職サイトがあります。積極的に利用しましょう。

 

3.働き易さ重視の転職活動

 

●体力的にきつい。
●夜勤がつらいので、夜勤なしの所に転職したい

 

これらの転職したい理由は、看護師特有のものではないでしょうか。そういった理由で転職したいのならば、給料面は多少妥協しましょう。やはり、給料が高いほど激務を強いられる傾向は多少なりともあるかと思います。

 

例えば、パートや派遣社員という働き方を選択すれば、正社員よりも休みが取りやすいですし、病院だけが看護師の働く場所ではありません。訪問介護や老人介護施設等看護師を必要としている職場は多くあります。そういった所へ目を向けてみるのも良いのではないでしょうか

看護師の資格を持っているということは、転職に有利だということを忘れないこと

 

人手不足の看護師業界。これからも高齢化社会になり看護師の資格の需要は増えていくと思います。これは、雇うほうより雇われるほうが有利な状況にあるということです。
転職活動をあせってやらないことです。あせらなくても看護師の求人は今後どんどん増えるでしょう。自分の転職したい動機を忘れず、妥協せず転職活動をすることが転職を成功させるポイントであると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です