看護師転職で人間関係が転職理由の際の理由の伝え方

前職からの転職を意識した理由が人間関係であるという方も少なくないと思います。看護師という職種は特に人間関係に気を使う職業でもありますから、そうして人間関係を苦にして転職を考える人も多いのです。

 

でも、転職の面接では必ず転職理由を聞かれますよね。そんな時にそのまま転職理由を答えて良いものなのでしょうか?ここではそんな、看護師転職で、人間関係が転職理由の際の、転職理由の伝え方を紹介したいと思います。

 

1.人間関係を理由に転職することを伝えるのはNG

 

転職理由が人間関係であることをそのまま伝えるのは、まず間違いなくNGです。たとえこちらに非がなかったとしても、それは相手には正確には伝わらないものです。

 

ですから、転職理由が人間関係であることが判明すると、いやおうなしに悪いイメージを持たれてしまいます。何か仕事上のトラブルに比べて、人間関係のトラブルは非常におこりやすいです。ですから、新しい職場でもそういうトラブルが起こる可能性がありますよね。

 

人間関係のトラブルが理由に転職してきた人は、またそういうトラブルが起こったら転職してしまうのではないかと思われます。それでは評価が良くなるはずもありません。ですから、人間関係を理由にするのはまずNGなんです。

 

2.ポジティブな理由を用意しよう

 

たとえ人間関係が転職の理由だったとしても、何かしらのポジティブな理由を用意していきましょう。たとえば、

 

・スキルアップをしたいと思った
・もっと多くの患者さんと触れられる環境で仕事がしたかった
・多くの仕事を任せてもらえる現場で働きたかった

などという理由であれば、ポジティブな気持ち、明確な目標をもって転職をしようとしていることが分かりますよね。そうして印象が良くなるのです。

 

そういう気持ちで転職してきた方は、結果が出るまで頑張ろうとしてくれるものだということが分かっているので、また簡単に転職されてしまうのでは…という不安を抱きません。

 

そうして評価が高くなるのです。ですから、人間関係が転職理由だったとしても、こうしてなるべくポジティブな転職理由を述べるようにしていきましょう。

 

3.人間関係をポジティブに言い換えるものアリ

 

人間関係が転職の理由だということをポジティブに言い換えるのもナシではありません。もちろんまったく別のポジティブな理由を用意した方が安全なことは確実ですが、どうしても浮かばない場合もあるでしょうし、なんとなく嘘っぽくなってしまうから不安と思う方もいるでしょう。

 

そんな時には、人間関係をポジティブに言い換えるのもアリです。たとえば、「全員が同じ目標を持てる職場で働いてみたいと思った」「高め合える仕事仲間がいる環境で仕事をしてみたいと思った」などの言い方があります。こういういい方なら、ポジティブに聞こえますよね。

 

自分で自分を落とすのは良くない

 

以上、看護師転職で人間関係が転職理由の際の理由の伝え方のご紹介でした。人間関係が理由の際には、そのまま伝えるだけは辞めましょう。

 

正直なのはいいことではありますが、自分を良く見せるのが面接ですから、自ら自分を落とすことはありません。ここで紹介してきたことを参考に、上手くポジティブな転職に見せるようにしていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です