沖縄の病院に転職する主たるメリット

看護のお仕事を探す方々は、沖縄地域に着目している事もあります。なぜならその地域には、独特な特徴が色々とあるからです。

 

沖縄の場合は、まず地域の雰囲気に大きな特徴があります。なおかつ、全般的に男性の看護師が多い地域でもあります。

 

1.給料は全国的には少々低め

 

まず沖縄の場合は、看護師としての給料はそれほど高めな地域ではありません。現時点では、平均的な月収は29万円前後となるからです。

 

それは全国平均の水準と比べると、3万円ほど低めになります。それでも沖縄全体で見れば、他の職種と比べると高めではあります。

 

看護業界は総じて給料は高めなのですが、沖縄も例外では無いです。しかし全国的な水準から見れば、この地域は少し給料は低めになっているのです。

 

2.病院の数も少なめ

 

またその南国地域には、病院の数にも特色があるのです。この地域の場合は、全国の中でも病院の数が比較的少なめで、人口一万人に対する病院がかなり少なめなエリアとなります。

 

したがってこの地域で働く看護師の方々としては、ある程度の激務が想定されます。その分仕事にやりがいはあるでしょう。

 

3.沖縄の南国の雰囲気

 

このように沖縄地域の病院にはいくつかのデメリットなどはありますが、それを上回る魅力があるのも事実です。なぜなら、沖縄の地域性に関する魅力があるからです。

 

そもそも人々の中には、地域環境を重視する事も珍しくありません。一部の地域には独特の雰囲気があるので、そのムードに魅力を感じて働きたいと思う方々も、決して珍しくはないのです。

 

そして沖縄の場合は、明らかに南国の地域になります。海などは非常に綺麗ですので、休日ともなるとダイビングに興じる方々なども少なくありません。

 

4.ムードに魅力を感じて沖縄で働く

 

そして看護というお仕事で働く事を希望する方々の中には、地域の雰囲気を重視する方も見られるのです。ですので他の地域から、沖縄に転職してくるケースも珍しくないのです。

 

今までは別の地域の病院で働いていたものの、沖縄の雰囲気に大きな魅力を感じて、あえて給料が低めでもその地域で働く事を決意する看護師の方も見られる位です。

 

その南国の雰囲気は、やはり非常に魅力的なのですね。

 

5.男性の割合が多い沖縄

 

それと沖縄地域の場合は、男性の方々に関する大きな特徴があります。そもそも看護というお仕事では、女性が多いとのイメージをお持ちの方も多く見られます。

 

しかし沖縄の場合は転少し例外となるのですね。この地域で働く看護職の方々は、全般的に男性が目立ちます。

 

つまり男性を積極採用する病院が、このエリアには多く見られる訳ですね。ですので男性の方々などは、あえて沖縄に転職をしたいと思うケースも珍しくありません。

 

南国の沖縄に転職をする

 

したがって、

 

・沖縄は給料や病院数などは少なめ
・南国の雰囲気が魅力的な沖縄
・男性の看護師が多い

 

このような点が言える訳です。とりわけ2つ目の雰囲気に関する魅力は、とても大きいと考える看護師が多いです。南国で働きたいと思うなら、思い切って沖縄での転職を検討してみるのも一法と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です