看護師転職で人間関係が転職理由の際の理由の伝え方

前職からの転職を意識した理由が人間関係であるという方も少なくないと思います。看護師という職種は特に人間関係に気を使う職業でもありますから、そうして人間関係を苦にして転職を考える人も多いのです。

 

でも、転職の面接では必ず転職理由を聞かれますよね。そんな時にそのまま転職理由を答えて良いものなのでしょうか?ここではそんな、看護師転職で、人間関係が転職理由の際の、転職理由の伝え方を紹介したいと思います。

 

1.人間関係を理由に転職することを伝えるのはNG

 

転職理由が人間関係であることをそのまま伝えるのは、まず間違いなくNGです。たとえこちらに非がなかったとしても、それは相手には正確には伝わらないものです。

 

ですから、転職理由が人間関係であることが判明すると、いやおうなしに悪いイメージを持たれてしまいます。何か仕事上のトラブルに比べて、人間関係のトラブルは非常におこりやすいです。ですから、新しい職場でもそういうトラブルが起こる可能性がありますよね。

 

人間関係のトラブルが理由に転職してきた人は、またそういうトラブルが起こったら転職してしまうのではないかと思われます。それでは評価が良くなるはずもありません。ですから、人間関係を理由にするのはまずNGなんです。

 

2.ポジティブな理由を用意しよう

 

たとえ人間関係が転職の理由だったとしても、何かしらのポジティブな理由を用意していきましょう。たとえば、

 

・スキルアップをしたいと思った
・もっと多くの患者さんと触れられる環境で仕事がしたかった
・多くの仕事を任せてもらえる現場で働きたかった

などという理由であれば、ポジティブな気持ち、明確な目標をもって転職をしようとしていることが分かりますよね。そうして印象が良くなるのです。

 

そういう気持ちで転職してきた方は、結果が出るまで頑張ろうとしてくれるものだということが分かっているので、また簡単に転職されてしまうのでは…という不安を抱きません。

 

そうして評価が高くなるのです。ですから、人間関係が転職理由だったとしても、こうしてなるべくポジティブな転職理由を述べるようにしていきましょう。

 

3.人間関係をポジティブに言い換えるものアリ

 

人間関係が転職の理由だということをポジティブに言い換えるのもナシではありません。もちろんまったく別のポジティブな理由を用意した方が安全なことは確実ですが、どうしても浮かばない場合もあるでしょうし、なんとなく嘘っぽくなってしまうから不安と思う方もいるでしょう。

 

そんな時には、人間関係をポジティブに言い換えるのもアリです。たとえば、「全員が同じ目標を持てる職場で働いてみたいと思った」「高め合える仕事仲間がいる環境で仕事をしてみたいと思った」などの言い方があります。こういういい方なら、ポジティブに聞こえますよね。

 

自分で自分を落とすのは良くない

 

以上、看護師転職で人間関係が転職理由の際の理由の伝え方のご紹介でした。人間関係が理由の際には、そのまま伝えるだけは辞めましょう。

 

正直なのはいいことではありますが、自分を良く見せるのが面接ですから、自ら自分を落とすことはありません。ここで紹介してきたことを参考に、上手くポジティブな転職に見せるようにしていってください。

看護師転職で後悔しないための病院の選び方

看護師転職では、転職したことを後悔する結果になることもまずまずあります。というのも、看護師というのは一般企業に比べてはるかに人間関係が面倒な職種ですよね。

 

ですから、その点で失敗してしまい、これなら転職しない方が良かったと思ってしまう方が多いのです。でも、どうせ転職するならそんな後悔したくないですよね。そこでここでは、看護師転職で後悔しないための病院の選び方を紹介します。

 

1.男性看護師のいる職場を選ぶ

 

人間関係の問題が起こる一番の理由は、職場にいる人物が全員同性だからです。もちろんそれ以外にもいろいろと理由はあるのですが、もし全員が同性でなければ、そこまで面倒なモノにはならないでしょう。

 

それが分かれば、転職で失敗しないための病院選びのやり方もわかってくるのではないでしょうか。単純な話で、男性の看護師が1人でもいる職場に転職するようにすればよいのです。

 

病院に足を運んだり、見学をお願いしたりして、病院の中を見ることができれば、男性看護師がいるかどうかはわかりますよね。そうして職場内の環境をチェックするようにしていきましょう。

 

2.患者さんへの対応の良さを確認する

 

患者さんへの対応が良い看護師が多い職場は、基本的に看護師同士の雰囲気も良いです。ですから、患者さんへの対応の良さを確認するというのも、転職先の病院選びで失敗しないための方法の一つです。

 

こちらも病院見学や、実際に病院に何らかの用事で足を運んだりすれば上手くチェックできるでしょう。患者さんへの対応が良いということは、それだけ仕事に対して真面目であるということの現れです。

 

きちんと仕事をしている人達は、わざわざ仕事の足をひっぱるようなことはしません。ですから、職場内の人間関係を悪くしようと思わないでしょう。

 

そういう人がたくさんいる病院であれば、安心して飛び込むことができますよね。ですから、患者さんへの対応をチェックするということはすごく効果的なことなのです。

 

3.看護師同士の会話の明るさをチェックする

 

シンプルに看護師同士の会話の明るさをチェックするというのもポイントの一つです。話し声が明るかったり、自然な笑い声があったりしたら、それは雰囲気が良いことの表れです。

 

それに、だいたいそういう笑い声を聞けば、この環境は自分に合っているか、それともそうでないかというのは分かりますよね。明るすぎたら嫌だと思う方もいるでしょうから、一概に明るければ良いとは言えないでしょう。

 

それは、実際に耳にしてみないとわからないものです。実際に足を運んで、自分の耳で、自分の身体で、そこが自分にあっているか、そうでないかを判断しましょう。

 

足で情報を得ることが重要

 

以上、看護師転職で後悔しないための病院の選び方のご紹介でした。再度ポイントをまとめると、看護師転職で失敗しないためには、

 

・同性だけで構成されている職場を選ばない
・患者さんへの対応が悪い看護師がいる職場を選ばない
・笑い声の雰囲気が自分にあった明るさでないところを選ばない

 

ということが大切になります。それらを判断するために、足で情報を得るというのが何より重要なことですね。

看護師転職の面接で聞かれる看護観の質問への答え方

看護師の転職の面接では、「あなたの看護について教えて下さい」というような、看護観に関する質問がよく聞かれます。これは看護師の転職の面接ならではの質問ですね。それでいて、すごく重要度の高い質問なので、ここでしっかり印象の良い答えをのこさないとならないでしょう。

 

そこでここでは、この質問に対して印象の良い答えをするために、看護師転職の面接で聞かれる看護観の質問への答え方を紹介していきます。

 

1.病院側の看護観に寄せて答える

 

まず覚えておいてもらいたいことは、この看護観というのは、何を答えても良いというわけではないということです。正確には、実際には本当の自分を看護観を答えるのでも問題はないのですが、良い印象を残したいのであれば、自分の看護観をそのまま答えるのは良くないということです。

 

自分の看護観がどれだけ理路整然としていても、それが病院の看護観と相反するものであれば、あまり良い印象にはならないですよね。

 

そういうことなのです。ですから、何を答えても良いというわけでなく、なるべく自分の考えを病院側に摺り寄せて答えるのが正解になります。事前に下調べして、上手く寄せていきましょう。

 

2.なぜそういう看護観を持つようになったのかも答える

 

こうして自分の看護観を聞いてくる質問では、シンプルに看護観が病院とあっているかということを聞こうという意図の他に、何故そういう看護観を持つようになったのかという背景を知りたいという意図があります。

 

ですから、看護師転職の面接で看護観を問われたら、何故そういう看護観を持つようになったのかというエピソードを、なるべく具体体に語るようにしていきましょう。

 

ここでしっかり具体的なエピソードを用意できないと、看護観に関しても信憑性が無くなってしまいます。しっかりと看護観や人間性をアピールするためにも、看護観の信憑性を持たせるためにも、看護観を持つきっかけのエピソードをしっかり用意していきましょう。

 

3.なるべく分かりやすい言葉で話す

 

こういう看護観等の説明では、ついつい難しい言葉を使ってしまいたくなる方もいるでしょう。ですが、あえて難しい言葉や専門的な言葉を使って看護観を説明すると、答えを用意してきた感がすごく強くなってしまいます。

 

相手にとって面接は、こちらが用意してきた答えの発表会の場ではなく、あくまでも会話の場所です。ですから、そうして答えを覚えてきた感がでてしまうというのは、何よりも良くありません。

 

そうならないようにするためには、答えを用意する段階から、なるべく分かりやすい言葉を使うのが一番。家族や、看護関係以外の友達に説明しても一回できちんと理解してもらえるような言葉遣いで考えると印象の良い答えが出来るでしょう。

 

質問の意図を理解して適切な答えをしよう

 

以上、看護師転職の面接で聞かれる看護観の質問への答え方のご紹介でした。最後にもう一度ポイントをまとめると、

 

・自分が答えたい答えでなく、相手が求める答えに近いものを用意する
・看護観のきっかけとなる具体的なエピソードを用意する
・誰にでも理解できるような分かりやすい言葉で説明する

 

というのがポイントになります。質問の意図を理解して、適切な答えをしていきましょう。

 

 

看護師転職の面接の最後の「逆質問」への答え方

面接では、ほとんどの場合で最後に逆質問の時間を頂けます。それは、看護師の転職面接であっても同じことです。この逆質問、ついつい面接をはやく終わらせようと、「特にありません」と答える方も多いです。ですが、それではアピールができません。

 

せっかくそういう機会を頂けたのですから、そこでもアピールをしないとならないのです。そこでここでは、看護師転職の面接の最後の「逆質問」への答え方を紹介していきます。

 

1.業務に関する質問をする

 

やはり最後の逆質問で一番印象を良く出来るのは、業務に関する質問をすることです。業務に関する質問とはたとえば、

 

・一人で何人くらいの患者さんの担当をしますか?
・看護師はどれくらいの人数で回っていますか?
・中夜勤の回し方はどのようになっていますか?

などといったような質問が挙げられます。こういう質問を最後の逆質問で上げることで、あらためて仕事への熱意をアピールすることができますよね。

 

最後のタイミングでこうして業務に関することの質問をするということは、働くことへの意識が高いことの現れですから。ですから、やはり一番良いのはこういう質問をすることです。

 

2.幾つかの質問をする

 

幾つかの質問をなげかけるというのも、この面接の最後の逆質問では良いことです。そうしていくつかの質問を投げかけることでも、熱意の高さをアピールすることは出来ますよね。

 

最後にそうして何個も質問をしてくるなんて、熱意がないとできませんから。ですから、そうして何個か質問するのがオススメです。ただ最後の時間でのことなので、断りもなくいくつもの質問をすると、マナー違反になってしまう可能性があります。

 

それでは意味がなくなってしまいますよね。ですから、そうならないように、「幾つかお伺いしたいことがあるのですが、よろしいでしょうか?」と、何個か質問があり、逆質問の時間が長くなることについて断りを入れておきましょう。

 

3.今後の過ごし方についての質問もする

 

今後の過ごし方についての質問というのも、最後の逆質問でこちらの印象を良くすることが出来る質問です。たとえば、

 

・これから入職までにしておくべき勉強はありますか?
・事前に身につけておいた方が良いスキルはありますか?
・業務の流れを一度確認したいので、今後事前に見学に来ることは可能でしょうか?

といったような質問が挙げられます。こういう質問が出るということは、それだけ働くイメージができているということの現れですから、高いアピールになります。

 

なので、こういう質問でも印象を良くしていくことが出来るのです。よく聞かれる逆質問でもありますが、その点はあまり意識せず、堂々と質問していくと良いでしょう。

 

最後の一秒までアピールすることが大切

 

以上、看護師転職の面接の最後の「逆質問」への答え方のご紹介でした。最後の最後までアピールを忘れないようにするということが、何よりも大切です。

 

この質問の段階ではまだ面接は終わっていませんから、最後の一秒までしっかりとアピールをしていきましょう。

看護師転職の面接対策!印象を良くする自己prの作り方

看護師転職の面接でも、普通の一般企業の面接と同じように、自己prや志望動機がすごく重要になります。

そこで良い印象を残していかないと、面接を突破していくのはなかなか難しくなっていくでしょう。そこでここでは、看護師転職の面接を突破するための、印象を良くする自己prの作り方を紹介していきます。

 

1.経験を元にアピールポイントを述べる

 

まず大切なことは、自分のアピールできるスキルや能力を、前の病院での経験を元に説明するということです。そうすることにより、まずこの人はどういう魅力がある人物なのかということがガツンと相手の頭に入っていきます。

 

ですから、自己prではまず、自分のアピールポイントと、それを裏付ける経験を述べる必要があります。アピールポイントだけのべても、本当にその魅力を自分が持っているという裏付けはありません。

 

逆に経験だけのべても、結局どういうところがアピールポイントなのか分かりづらいところがあります。ですから、このアピールポイントとその裏付けの経験のエピソードというのは、二つでセットなのです。どちらも欠かすことが出来ないので、しっかりと両方とも用意して下さい。

 

2.アピールポイントは病院が求める点にする

 

アピールポイントを述べる際に大切なことが一つあります。それが、病院が求めるアピールポイントを用意するということです。病院が求める点をアピールしていかないと、的外れなアピールになってしまうことは明白です。

 

例えば、繊細な作業が必要な仕事が多い職場に入りたい人が、小さいことは気にしない豪快な性格をアピールしたとして、相手がそれを魅力的に思うはずもありませんよね。

 

ですから、自分をアピールするということにおいて、相手が求めることをアピールするというのは絶対に必要な事なのです。ですから、きちんとその病院がどういう看護師を求めているのかを事前に調べておきましょう。それなしに相手に好印象を与えるような自己prをつくることはできません。

 

3.自分のアピールポイントの活かし方を具体的に述べる

 

相手の求めるアピールポイントを自分が持っていることを説明したら、後は、自分がどうやってそのアピールポイントを仕事に活かそうと思っているかを説明するだけです。

 

そうして、自分がどうやってそのアピールポイントを活かそうとしているかを説明することで、仕事への熱意の高さをアピールすることができます。

 

さらに相手に、自分を戦力だと思ってもらえる可能性も高くなります。具体的な働くイメージが相手にもわきやすくなりますから、即戦力と思ってもらえる可能性が高くなるのです。すると、魅力的に感じてもらえる可能性も高くなりますよね。

 

 

見た相手がどう思うかを意識しよう

 

以上、看護師転職の面接の自己prで印象を良くするための自己prの作り方のご紹介でした。紹介してきたポイントをもう一度まとめると、

 

・まず経験からアピールポイントを書きだす
・そこには必ず裏付けのエピソードをつける
・アピールポイントは相手が求めるものにする
・そのために病院がどんな人を求めているか下調べをする
・最後にアピールポイントを仕事にどう活かすか述べる

 

ということになります。相手がどう思うかをきちんと考えていけば、自然とこれらのポイントはおさえることが出来るはずです。しっかりそれを意識して、これらのポイントをおさえていってください。

看護師転職で年収を上げる3つの方法

年収アップのために転職を目指す人もいますが、看護師の場合は病院の規模だけでなく急患の受け入れ体制も重要になってきます。先端医療を学ぶだけでなく、ICUで経験を積むことや、管理者としての能力を磨くことも重要になってくるのです。

 

1.病院の規模によって決まる面も

 

年収は病院の規模によっても大きく異なってきます。これは小規模な診療所などでは役職自体が無いケースがあり、人員の数や予算も限られる場合が多いからです。大型病院であればリーダーを目指す等目的も明確にしやすくなります。管理職へのステップを目指すためにも重要になってきます。

 

大型の病院であれば先端医療に触れられる機会も作りやすいため、スペシャリストとしての経験を重視する方法もあります。自分自身への付加価値をつけていけるかも重要な部分で、年収が頭打ちになったらより待遇の良い病院を探して転職を検討するのも方法なのです。

 

2.ICUは収入も上がりやすい

 

ICUは勤務が不規則になることが多いものの、様々な症例の患者に接する機会が増えるためキャリアには大きなプラスになります。他の病院への転職の際にもアピールしやすいだけでなく、待遇も一般的な看護師よりも良くなることが通常です。ICUは意識のない患者が運ばれてくることも多いため、様々な知識やとっさの判断力が必要となり、最新の医療機器にも触れやすいのも長所となっています。

 

その分、体力や精神面での負担が大きいため、しっかりとした自己管理も重要で、積極的に有給を消化してリフレッシュをするだけでなく、新しい医療機器の勉強も続けることも大切になってきます。苦労が多い分収入面にも反映されやすく、やりがいの多い仕事といえます。

 

3.治験関係に転職すると言う選択肢も

 

看護師の中でも治験関係の仕事はかなりの高収入に結びつくことが知られています。治験は薬の開発に欠かせないだけでなく、治験を受ける人材の管理も欠かせないからです。治験コーディネーターの責任者クラスになるとかなりの高収入が期待できますが、その分受け入れ人数が少なくハードルも高くなってきます。看護師としての知識だけでなく、人材管理の能力や様々な交渉能力、法的な知識も求められます。

 

外資系も含めて広い視野で仕事を探した場合は看護師としての年収はトップクラスになることもあるため、とにかく年収アップを目指したい人にはおすすめの職種といえます。どこで働くかがカギとなる看護師の年収を高くするための転職のポイントをまとめました。

 

●病院の規模で決まることが多い
●ICUなど高度な能力が必要な場所は年収が上がる
●治験関係は高収入に繋がりやすい

 

一般企業と同じように、病院でも規模によって待遇が変わってきます。年収アップを目指すのなら役職を用意している病院を目指すのがポイントで、ICUなど専門性が高い所を選ぶのも方法です。治験関係は高収入に繋がりやすくなっていますが、受け入れ人数がそれほど遠くないことに注意が必要です。その分、コーディネーターでも管理者クラスになるとかなりの年収に期待できるのです。

関連記事:ナース人材バンクの特徴から評判まで徹底解説します! – 転職×plus

看護師の転職を成功させる ポイントとは?

 

看護師の資格を持つ人は少しずつ増えているようですが、医療現場では看護師の求人は多く、未だ看護師は不足している状況です。ですから、看護師の資格さえ持っていれば、一般の人よりも転職に苦労するケースは少なく、転職しやすい環境であるといえるでしょう。しかしだからこそ転職には失敗したくないものです。そこでここでは、看護師の転職を成功させるポイントを説明したいと思います。

 

1.自分がなぜ転職したいのかを考える

 

自分がなぜ転職したいのかを明確にすることが重要です。そして、転職したい理由の一番大きい事項を基準に転職活動をしましょう。「二兎を追うものは一兎も得ず」という言葉があります。給料もアップさせて、労働環境も改善したいし、人間関係も上手くやりたいと思うのは当然です。もちろん全ての労働条件を改善できるような転職がベストですが、なかなかそうは上手くいかないのが現実です。

 

そこで、自分が一番妥協できない条件を決めてそれを基準に転職活動をすべきであると言えます。転職したい理由は人それぞれです。

 

●給料をアップさせたい
●今の仕事が忙しすぎるのでゆったりとした労働環境で働きたい
●もっとやりがいのある仕事をしたい
●今の職場の人間関係に悩んでいる

 

転職したい理由には上記のような理由が多いのではないでしょうか?このような転職したい理由の中で一つを選びそれを基準に転職活動をしましょう。

 

2.給料をアップさせる転職の秘訣

 

当然ですが、働く上で給料というのは最も重要な労働条件の一つです。さらに看護師という国家資格を持っている人であれば転職で給料をアップさせるチャンスは多くあります。
給料をアップさせる方法として、転職するのが一番簡単な方法なのではないでしょうか。

 

 

〇儲かっている病院に転職する。

例えば、看護師の平均的な給料月額は26万円くらいでしょうか。平均26万円ということは40万円貰っている看護師もいれば20万円くらいでやっている看護師もいるということです。まあ、経験や資格の差もあるでしょうが、儲かっている病院は経験が浅い看護師でも給料が高いですし、儲かってない病院は経験や資格があっても給料は安いのが現状です。
このあたりは普通の企業と同じですね。

 

〇福利厚生、ボーナスの額を必ずチェックする。

これも一般の会社と同じで月給は安くても、ボーナスや福利厚生(住宅手当て、家族手当等)が良ければ年収は上がります。月額ではなく年収で決めましょう。

 

〇転職サイトを利用する。

人手不足な看護師業界。インターネットで様々な看護師専門の転職サイトがあります。積極的に利用しましょう。

 

3.働き易さ重視の転職活動

 

●体力的にきつい。
●夜勤がつらいので、夜勤なしの所に転職したい

 

これらの転職したい理由は、看護師特有のものではないでしょうか。そういった理由で転職したいのならば、給料面は多少妥協しましょう。やはり、給料が高いほど激務を強いられる傾向は多少なりともあるかと思います。

 

例えば、パートや派遣社員という働き方を選択すれば、正社員よりも休みが取りやすいですし、病院だけが看護師の働く場所ではありません。訪問介護や老人介護施設等看護師を必要としている職場は多くあります。そういった所へ目を向けてみるのも良いのではないでしょうか

看護師の資格を持っているということは、転職に有利だということを忘れないこと

 

人手不足の看護師業界。これからも高齢化社会になり看護師の資格の需要は増えていくと思います。これは、雇うほうより雇われるほうが有利な状況にあるということです。
転職活動をあせってやらないことです。あせらなくても看護師の求人は今後どんどん増えるでしょう。自分の転職したい動機を忘れず、妥協せず転職活動をすることが転職を成功させるポイントであると言えます。